一括借上げ

空き家を放置していませんか?

近年、地方を中心に空き家になってしまう不動産物件が増加しています。

問題解決のため、2015年5月に空家等対策の推進に関する特別措置法が施行しました。
「特に危険度が高い」と判断した空き家については、優先して所有者特定を進め
改善策を求める方針です。
そして、適切に管理されていない空き家に関しては「特定空家」へと指定することとされています。
特定空家へと指定された後に自治体から改善勧告がされると、その空き家の土地の固定資産税
の優遇措置が適用除外となり、土地の固定資産税が6倍になってしまいます。
また、 空き家の解体・リフォーム等には自治体から補助金を出す事例もあります。

空き家の賃貸、売却、管理は経験豊富なプチハウスにお任せください。

空き家活用方法

所有されている空き家の状態、将来のご利用方法を考慮して、活用方法をご検討ください。

査定方法は2種類あります

賃貸

建物が傷むことを防ぎ、また安定した収入が得られます。
いったん賃貸として出してしまうと、貸主側の事情での退去は強制できないため、
再び自己利用したい場合に容易にできない可能性がありますが、 定期借家契約の活用も検討できます。

ただし、賃貸に出すとなると一定のリフォーム、修繕が必要となってきます。
投資した金額に対して、どれくらいで回収できるのか賃貸に回すことが割に合うのか判断が必要です。
将来的な空室率、家賃の下落、修繕費、管理費の負担などを考えておく必要があります。

普通借家契約

入居者を集めやすく
安定した賃料収入を得られるが
退去は強制できない。

定期借家契約

契約の更新がないので
一定期間だけ貸したい
所有者様向きです。

更地にして駐車場として貸す

固定資産税等が増額になり建物の
解体費用の負担があるが定額で
貸すことができ、安定収入が期待できる。
居住用住宅として貸すよりも
リスクが低くなる。

査定依頼

売却

都市部の一等地以外は大半の地域で不動産価格の下落が予想されます。
人口も減少していく中で、今が一番高く売却できると思われます。
将来的に利用する目的がなければ売却を検討されるのもいいと思います。

中古住宅として売却

新築住宅に比べて低予算で購入でき
リフォームやリノベーションに充てる費用を
増やすことができるので、
需要は高まっている。

解体して売却

新築を検討している買主様にとっては
解体費用を負担する必要がなく
土地の形や大きさをイメージしやすい
メリットがあります。

当社との媒介契約

空き家管理

現在は使用する予定はないが将来は使用するかもしれない場合の選択肢です。
その場合、空き家の適切な管理が必要になります。定期的な管理を行うことで、
①不動産の資産価値を維持できる。
②近隣とのトラブル回避。
③空き家が原因での損害賠償責任を負うことの回避ができる。
④適切な管理を行うことで固定資産税の負担が重くならないよう経済的な負担を抑えられる。

当社との媒介契約

空き家管理サービス内容

①換気、通風
全室、収納等開放して空気の入れ替えをします。

②通水、封水
台所、浴室、トイレ等の通水を行い異臭の防止と水漏れも確認します。

③室内、敷地内の清掃
外壁や屋根のクラック(ひび割れ)やカビ、室内の天井や壁などに
雨漏りのシミがないかの確認を行います。

④建物の確認
全室、収納等開放して空気の入れ替えをします。

⑤庭の草取り、庭木の剪定
草取りと枝が越境している場合など剪定を行います。

⑥郵便受けの確認
郵便物の整理やチラシなどの処分を行います。

当社との媒介契約

標準サービス 作業開始〜完了まで概ね60分:5,000円(税別)

※サービス内容や巡回頻度によって料金はご相談に応じます。

まずはお気軽にお問合せください

他県にお住まいでご実家に戻れない所有者さまも、
まずはお電話またはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。
来店でのご相談は来店予約フォームよりご連絡ください。